レオンです。


すでにご存じの方も多いと思いますが、先日、、アメリカのミネソタ州ミネアポリスで白人警官が黒人男性の首を圧迫して死亡させた事件があり、デモが多発しています。


その一部が暴徒化し、衣料品店などを破壊し、奪略するような事態に発展しています。
↓↓↓↓↓
キャプチャ


キャプチャ


ほんと、画像だけ見たら、映画の世界のようですが、実際に、このような行為が繰り返されており、軍が出動するような話も出ているようです。


この要因になったのがミネアポリスで白人警官が絡んだ事件ですが、それ以前もコロナの影響でかなりストレスを抱えている人がいたようです。


アメリカのデモ活動が過激化した一つの要因


僕はアメリカ在住ではないので、専門的なことは分かりませんが、デモ活動が過激化した一つの要因にコロナがあるようです。


ハリウッドセレブたちが豪邸からステイホームを訴えるが、貧困層から見ると、単に自分の住環境を自慢しているしか見えなかったようですね(苦笑


また、アメリカは日本と違い、貧富の格差が想像以上に大きく、貧困層の中には、家がない人もいます。


実際に僕もそのような様子を撮影した動画を見たことがありますが、あまりに貧富の格差に驚きました。


貧困層から見ると、ハリウッドセレブが訴える「ステイホーム」が響かないわけです。


そもそも家がないわけですし、コロナ対策をしようにもできないからです。


そのストレスが溜まり、ミネアポリスで白人警官が起こした事件をキッカケに、すべてが爆発した感じです。


まあ、アメリカは、コロナで死亡した人数が凄いですから、相当のストレスがあったことは容易に想像できます。


ちなみに、僕が現在住んでいるタイも、つい2ヶ月ほど前の4月上旬は、一種異様な雰囲気が漂っていました。
↓↓↓↓↓
キャプチャ


このような感じで、コロナの感染を恐れて、電車に乗る人もごく少数。


本当に暗い雰囲気で、あの明るいタイがこのような状態になっているのかと、驚いた記憶があります。


まあ、タイでもこのような感じでしたから、コロナで死亡した人数が多いアメリカであれば、更に大きなストレスがかかっていたのは、容易に想像できます。


それと、デモ活動が過激化した要因として考えられるのがSNSによる情報の拡散です。


アメリカのデモ活動から見るSNSの怖さとは?


やはり、アメリカのデモ活動が過激化した要因としてSNSが関係していることは確かです。


というのも日本語の情報だけでも、このような映像が簡単に見つけられます。
↓↓↓↓↓
キャプチャ


まあ、日本語の情報でもこれくらいのものを簡単に見つけられますから、英語の情報がだと更にリアルな情報を簡単に見つけられます。


要は、SNSがあることで、情報の拡散スピードが想像以上に早くなっているのです。


それで影響を受けた人たちが、面白半分でデモに参加し、暴徒化してる可能性があります。


もちろん、自分の意見を主張するためにデモに参加している人もいると思いますが、動画などを見ている限り、ストレス発散のためにデモに参加し、暴徒化している人も多いような気がします。


分かりやすい例では、定期的に起こる渋谷センター街の騒ぎと同じような印象を受けます。


まあ、それだけSNSの力が強くなり、個人でもSNSで自由に情報を発信でき、影響力を与えることができるという事かもしれません。


それがアメリカの場合は、タイミング悪くSNSで情報が拡散し、デモが暴徒化したという事です。


実際、ネットの世界ではSNSの力が強くなっているのは確かです。


例えば、僕が専門にするネットビジネスの世界も、以前まではブログのような古い情報媒体が好まれる傾向がありましたが、今は、SNSで情報を探す人が増えています。


この傾向は若年層になるほど顕著で、Googleなど一切使わない人が出てきているくらいです。

⇒SNSのみで稼げる、おすすめのネットビジネスはコチラ


この流れは、今後更に加速していくと予想します。


まあ、そのSNSの特徴が、今回のアメリカのケースのように、悪い方向で使われることもあるので、使い方には十分に注意した方が良いかもしれません。


ちなみに、僕も最近では意識してGoogleを使う機会はかなり減りました。


なぜなら、ググっても古い情報が出てくることも多いですし、求めている情報にたどり着くのに時間がかかるからです(苦笑


ですので、Twitterなどでサクッとキーワード検索し、情報を探すことの方が多いです。


その辺の情報のリアルタイム性は、アナログな情報が多いGoogleより、SNSの方が優位性が高いですね^^


今回のアメリカのデモ暴徒化にしても、ググっても大した情報はありませんが、Twitterなどでサクッとキーワード検索すると、リアルな情報がモロに出てきます。


ですので、情報収集に関しては、SNSの方が優位性が高くなるような気がします。


要は、SNSも使い方次第という事です。


それと、余談ですが、インスタグラムを利用したアフィリエイトがかなりおすすめです。

⇒詳しい内容はコチラから

やるべき作業も、画像を投稿するだけですので、興味がある方は、取り組んでみるといいかもしれません。


参考までに。


ではでは、レオンでした^^


自宅で10万以上稼ぐおすすめの手法をメルマガで無料で配信しています。
つまらなかったらいつでも、購読解除可です!
無料プレゼント付きメルマガ見てね^^↓




・この商材は詐欺なの?
・高額塾に騙されたけどどうすればいい
・副業を始めたいけど何からすればいいかわからない
・ネットビジネスを始めたが、なかなか結果が出ない
・自分にあった商材を教えてほしい

等等

どんな些細な質問や、相談でも大丈夫です^^

ネットビジネスの第一歩として
メール1通,送ってみることから始めてみませんか?
>>レオンに質問してみる



カテゴリ